ロゴ

旦那のモラハラが続くなら相談するのが得策

HOME>Column>旦那のモラハラは病気?一人で抱え込まないことが大切

旦那のモラハラは病気?一人で抱え込まないことが大切

夫婦

要注意なタイプは

モラハラという言葉を最近よく聞くようになりましたよね。とくに多いのは夫婦間における夫から妻へのモラハラというケースです。モラハラは、モラルハラスメントの略なのですが、わかりやすくいうと精神的な暴力や嫌がらせと捉えるとよいかもしれません。モラハラの具体的な行為については、人によっても違いがあるのですが、代表的なものとしては常に相手を悪者にして責めたり、必要以上に相手を追いつめたりするなどがあげられます。基本的に自己中心的に物事を考えている旦那さんをお持ちの方は要注意です。自分のおもい通りにいおかないと奥さんを責めたり、日ごろから「おまえは何もできない」「俺のおかげで生活できている」など、奥さんのことを下に見たりする傾向にある旦那さんはモラハラの素質があるといってよいでしょう。

夫婦

誰かに相談を

夫婦間のモラハラは、日常的に毎日続くのでとても精神的に追い詰められます。毎日旦那さんから責められたり否定され続けたりすると、徐々に自分でも「自分が悪いのではないだろうか」という気持ちを持つようになってしまうことも多いです。もし「自分の旦那がモラハラかも」と感じるようでしたら、まずは友達や身近な人に話を聞いてもらうとよいでしょう。身近な人に話がしにくい場合は、インターネットや電話による相談なども可能です。また、あまりに状況がひどく、子供などにも影響を与えそうな場合は別居や離婚という選択肢も頭に入れておく必要があります。多くの旦那さんは、自分がモラハラをしていると気づいていないケースが多いので、別居や離婚を考える前にまずは奥さんの本当の気持ちを伝えてみましょう。